「木造より鉄骨造のほうが火災に強い」わけではない

無料相談会はこちらお問い合わせはこちら

「木造より鉄骨造のほうが火災に強い」わけではない

「木造より鉄骨造のほうが火災に強い」わけではない

2021/03/14

確かに木造は燃えやすいですが、
ある程度の太さや厚さがあると、
いったん燃えても表面が焦げる(炭化層を作る)だけで、
火が内部まで進行しないため、
柱や梁の強度が低下しにくい性質があります
そのため木造だから燃えやすいとは一概に言えません

鉄骨自体は燃えないので、
鉄骨造は耐火性に優れているといえます
しかし、
鉄骨は温度が上昇すると強度が低下し、
建物が一気に崩れ落ちてしまう危険性があるのです
 

むしろ、火災では壁や窓の耐火性の方が重要

耐火性で木造か鉄骨造かには、あまりこだわらない方がいいでしょう

 

大阪での注文住宅は是非!アトリエクラッセへご相談ください!

 

無料相談会・勉強会 開催中です!

お気軽にご相談くださいませ!

当店でご利用いただける電子決済のご案内

下記よりお選びいただけます。