株式会社椿工務店

~玄関框の計画~

~玄関框の計画~

~玄関框の計画~

2024/01/31

この記事では、玄関框(上がり框)について紹介いたします。

玄関框(上がり框)とは、玄関とホールの境目にある玄関と室内を区切るために取り付ける横木の部材のことです。

段差により屋外のほこりやゴミが室内に入るのを防ぐ役割があります。

室内の床端部を隠して見た目を良くすることに加え、強度を高める役割を持ちます。

框は、建物に入ってまず目に留まる部位で、玄関の印象を大きく左右します。

弊社では無垢材、挽板・突板材、シート材をご提案しております。

無垢材

一本の丸太を裁断して作られた物や、板材を積層した集成材があります。

踏み心地が柔らかい点が魅力です。

リスクとして、角などに傷が付きやすく、温度・湿度環境によってねじれや反りなどの変形を起こす可能性があります。また、継ぎ目のない長尺材は高価になる場合がほとんどです。

しかし、浅い傷やシミなどの汚れは研磨で補修できます。

挽板・突板材

挽板とは、無垢材を厚さ2~3㎜、突板は0.2~0.3㎜にスライスした材料で、これを集成材などに貼り合わせた框もあります。表面には無垢材を用いるため、ナチュラルな木目をデザインに取り入れられます。

踏み心地は無垢材よりも硬めですが、温度・湿度変化による変形リスクが少なく、コストがやすい点が魅力です。

また、比重の重い樹種を用いても框材自体の重さを軽量化できるため、施工面でも有利と言えるでしょう。

また、長尺材の入手も、無垢材と比べると容易です。

深いキズやシミは補修できませんが、表面保護塗装(UV塗装やハードコート塗装)により、耐傷性・耐汚性を高めることができます。

シート材

目や石目などをプリントしたシートを表面材として用いた框材もあります。

メリットとしては、カラーや柄のラインナップが豊富なことです。

短所としては、質感は無機質で模様が単調になることです。

耐水性に優れているため、機能面を重視する場合におすすめです。

ただし、キズは補修できません。

上がり框と玄関にあるエレメントとのバランス

玄関スペースを構成する様々なエレメントとのバランスが取れていることが前提。

上がり框単体で考えるのではなく、周辺のエレメントとちぐはぐになっていないかを考えることが重要です。

上がり框×床材

弊社ではまず上がり框を床材と揃えて提案いたします。玄関スペースの中で素材や色の数が増えて雑然とした印象になるのを防げます。

 

玄関ドアと平行に設置するのが一般的ですが、角度を付けて斜め型タイプやL型タイプに設置する事例

玄関の広さや収納との兼ね合いで納め方を設置します。例えば、玄関スペースがあまり広くない場合、上がり框を斜めにすると、玄関とホールに互いに広さを確保することができます。

また、SICを設置するスペースを確保することも可能です。

 

 

 

 

 

斜めタイプでSICの確保を。

 

 

 

L字型タイプ:洗面器の設置を。

 

 

 

 

 

石目調で高級感を。

 

 

 

 

付け框:素材の異なる部分との同調を。

付け框は、土間の立ち上がりと壁や巾木との取り合いに設置します。

素材の異なる部分を隠したりする為の見切り材です。

 

 

 

 

玄関框の下をオープンにしてお履き物の収納を可能に。

 

 

上がり框は、玄関の土間側から見た時によく見えるので、玄関ドアを開けた時に目に飛び込んでくるので印象深くなります。

家族のライフスタイルなどを考慮してデザインだけでなく機能やサイズにもこだわって選ぶことが大切です。

 最後までご覧いただき有難うございます。判断材料になれば幸いです。打ち合わせ時に理想の雰囲気をお伝えいただけました、弊社コーディネーターが、お客様の理想に合わせて最適な空間づくりを提案いたします。

Instagram
Facebook
無料相談会
資料請求
完成見学会