株式会社椿工務店

~シューズインクローゼット(SIC)の計画~

~SIC(シューズインクローゼット)について~

~シューズインクローゼット(SIC)の計画~

2024/02/07

この記事では、シューズインクローゼットについて紹介いたします。

シューズインクローゼットとは、玄関に設けられたお履き物の収納スペースのことです。

通路を歩きながらお履き物を選ぶことができたり、着脱できるスペースを設けることができる構造です。

家の入口である玄関は、できるだけ整理整頓されたすっきりとした理想の空間にしたいですよね。玄関に置きがちな荷物をすっきりと収納してくれるシューズインクローゼットは、ファミリー層に特に人気の住宅設備です。

魅力のひとつに、お履き物を着脱するスペースがゆったりとしていることが挙げられます。

ベンチを置いたり、姿見を配置したりと外出前のチェックが可能です。

シューズインクローゼットは土間なので、頻繁に使うアウトドア用品を置けるのもメリットです。自転車や遊具、ウィンター用品、スポーツ用品など。

また子育てファミリーにはベビーカーを置けることも重宝したいスペースと言えます。

生活感のない片付いた印象の玄関にすることが可能です。

収納

普段は履かなかったり、季節はずれのお履き物は奥のほうにしまってあり、探すことが一苦労だったりします。収納力抜群のシューズインクローゼットなら、ご家族のお手持ちのお履き物をきれいにしまうことができるので、玄関をいつもすっきりさせることが可能です。

ご希望のお履き物を滞りなく探すことに繫がります。

床から天井まで効率よく収納スペースを確保するためには、可動棚を取り入れることをおすすめいたします。お履き物以外に収納予定の物や、間取りなどの状況を考慮して打ち合わせをいたします。

サイズ(大きさ)の計画

以下要点を考慮して計画をしてみてください。

 

  • 衣類や収納物の量
  • 家族構成
  • お履き物以外に収納したいもの

4つの配置パターン
配置パターンシューズクロークの配置には、主に4つのパターンがあります。

空いたスペースには、ベンチ、鏡、物置など自由な空間使いが可能です。

さまざまな需要から、設計にもバリエーションが生まれています。

  • ウォークスルータイプ

玄関側と他のスペースと出入口が2か所あります。

かさばる印象のアウターなどはシューズクロークにかけておき、外出時にさっと羽織って出かけることができます。ただし、通路部分には荷物を置くことができないので、そのぶんの収納量は減ります。

来客時などの際は玄関からシューズインクローゼットの中は見えないのでスマートな印象になるでしょう。

  • ウォークインタイプ

収納スペースが行き止まりになっているタイプです。

出入口は一か所なので動線は長くなりがちです。

ウォークスルータイプを採用したが現実は通り抜けせずに通常の玄関でお履き物を脱いでいるという声もあります。そのため、自分のライフスタイルがどちらのタイプに合っているのか考えて選びましょう。

  • クローゼットタイプ

クローゼットタイプの見た目は室内に備え付けられるクローゼットのように折れ戸の扉が設けられます。普段は扉で隠すことができる為、シューズクロークのごちゃつきが見えないので、玄関をスマートに見せることができます。

扉の種類

扉があるタイプとないタイプがあります。ライフスタイルに最適な設備をセレクトしてみてください。

以下、種類についてまとめました。

  • クローズタイプ

開き戸と引き戸があります。引き戸は開き戸に比べて開き方向にスペースを取らないので、かさばらず、開けたときから収納スペース全体を見渡すことが可能でしょう。扉付きのタイプの場合は、お履き物が外から見えなくなるため、スペース全体がすっきりと見えます。扉を閉めておけば、来客の際にもスマートな印象を与えられるでしょう。

  • オープンタイプ

扉を開け閉めせずに出入りが可能であることが特徴です。

目隠しなどの為にロールスクリーンを設置することも見た目上の対策として挙げられます。

デメリットとしては、閉ざされた空間なので湿気や臭いがこもりやすいです。

除湿や消臭が必要になります。外の光をできるだけ採り入れたいところです。

また玄関ドアの開け閉めの際に砂埃が溜まりやすいので、定期的なお掃除が必要になります。

ディスプレイ

玄関の印象を左右する場所でもあるシューズインクローゼット。玄関土間部分の素材やデザイン、グリーンなどのセレクトによって魅力的な空間をつくることができます。

玄関ドアを開けた瞬間の、心地よさを演出したいですね。

身なりの確認の為に、鏡を設置すれば服装に適合したお履き物をセレクトすることができるでしょう。以下、施工事例を紹介いたします。

玄関土間スペースを広めに確保し自由度の高いスペースを可能に。

SICのスペースを広くとりウォークスルータイプを実現しました。

アーチ型の下がり壁で優しい印象に

さまざまなアウトドア用品の収納も可能に。

可動棚にすれば高さを自由自在に変えることができ利便性に優れています。

最後までご覧いただき有難うございます。判断材料になれば幸いです。

打ち合わせ時に理想の雰囲気をお伝えいただけましたら、弊社コーディネーターが、お客様の理想に合わせて最適な空間づくりを提案いたします。

Instagram
Facebook
無料相談会
資料請求
完成見学会